• 私たちの想い

Concept

Concept私たちの想い

多大なコストと時間と労力を投入して実行されるM&A戦略ですが、一部の調査によると「成立」したM&Aのうち、「成功」したといえるものは3割程度に留まると言われています。その理由として、M&A戦略は策定・実行・PMIの各フェーズにおいて、専門的かつ実務的な知見が企業において必要となりますが、これまでの日本企業では、良く言えば担当者の裁量と判断に委ねられた、悪く言えば属人的かつ場当たり的な判断の下で、M&A戦略が実行されてきた側面は否定できないのではないかと考えています。また近年、大型不祥事や品質不正等が各種紙面をにぎわせることが多くなりましたが、これらは企業価値を大きく毀損するクライシスイシューに対する備え、特にグローバル規模で発生し得るこれらのインシデントに対処できる人材や機能の強化が十分には行われてこなかった結果なのではないでしょうか。加えて、昨今の中小中堅企業の事業承継問題の解決の糸口として、M&Aが話題に挙がることが当たり前になりましたが、これらの企業をサポートできる「M&Aの専門家」はまだまだ不足しているのが現状ではないでしょうか。

このような状況に一石を投じ、日本企業の成長と発展に「育成」から貢献したいと考え、我々デロイト トーマツ グループは「デロイト トーマツ アカデミー」を開講しました。デロイト トーマツ アカデミーでは①主体となる企業が専門家を活用して、適切な意思決定を行うために必要な「企業内実務家の育成」に主眼に置いたコース、②中小中堅企業の顧問を担当する公認会計士、税理士等の士業の方々が、それぞれのクライアントの事業承継M&Aを適切にサポートできるノウハウを身に付けるための「外部専門家の養成」に主眼を置いたコース、の2つを運営しております。講義内容についても可能な限り筋肉質なものにしたいと考え、受け身になりがちな教科書的な座学形式の講義は極力減らし、事例分析、演習、課題を用いたワークショップ形式を中心にご用意しました。 さらにe-ラーニングを取り入れることにより日本全国どこからでもノウハウ習得ができる体制を整えています。

デロイト トーマツ アカデミーを通じてM&Aやリスクマネジメントに精通した企業内実務家と、中小中堅企業のM&Aを適切にサポートできる外部専門家の増加に寄与することにより、日本企業の成長を攻守両面から支援し、日本の未来を熱く輝かせる礎になりたいと考えています。

デロイト トーマツ アカデミー
統括 熊谷 元裕