M&A Series

M&A SeriesM&Aシリーズ

M&A戦略立案から実行まで、企業内で活きる実務スキルを獲得

デロイト トーマツがこれまで数多くの企業のM&A戦略策定から買収完了後のPMIまで包括的支援を行うことで培ったノウハウを基に、企業内M&A担当者の実務的な能力を養成する「体験」を提供します。

こんな方におすすめ!

  • M&A未経験の担当部門(経営企画、経理、法務)の方
  • 企業内外においてM&A戦略の策定・実行に関与する方
  • 海外M&Aに関与する方
  • 買収後の統合プロセスに関与する方
  • M&Aの各フェーズにおける専門家の活用方法を学びたい方
士業・FA業務の従事者はこちら

シリーズ概要

開催期間

※現在は申込受付をしておりません。次回開催情報の公開までお待ちください。

会場

デロイト トーマツ グループ セミナールーム
東京都千代田区丸の内 3-3-1 新東京ビル 7F Google Map

受講料

1コース受講:200,000円(税込) ※リスクマネジメントシリーズと併用した複数割引があります。

▼複数受講割引価格▼

2コース受講 :300,000円(税込) 3コース受講 :450,000円(税込)
5コース受講 :500,000円(税込) 6コース受講 :600,000円(税込)
7コース受講 :700,000円(税込) 8コース受講 :800,000円(税込)

申込締切

※現在は申込受付をしておりません。次回開催情報の公開までお待ちください。

※同業他社からのお申込みはお断りさせていただく場合があります。予めご了承ください。
※初めてお申込みいただくには遷移先でアカウント作成(会員登録)が必要です。
※お申込みにあたりご不明な点はフォームよりお問い合わせください。
※各コースの「お申込み」ボタンからも複数コース受講のお申込みができます。

M&Aシリーズ 一覧

各コースは2時間を6コマ、計12時間を1単位として構成されており、導入から応用までをじっくり時間をかけて学べるようになっています。
※開講コースの内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

AコースM&A実務 入門

M&Aには、戦略策定からPMIまで多くのステージがあります。多額の資金投資に見合う期待効果を創出するために、M&A実務上の各ステージの位置づけと関連について理解を深めたのち、M&A各ステージにおける実務の基礎について解説します。
特にM&Aに関与し始めたばかりの方が、M&Aの全体像を把握することに適したコースとなっています。

コースの狙い

  • M&Aプロセスの概要、M&A戦略との関係の理解
  • M&Aにおけるバリュエーション、ファイナンシャルデューデリジェンス、ビジネスデューデリジェンスの位置づけの理解
  • M&Aの契約交渉の全体像と要諦の理解

講義の特色

実際に講師が過去に経験した豊富な事例などを交え、一般的な講義よりも実務に踏み込んだ内容を解説します。
ワークショップ形式による実務体験や、帳票サンプルを用いた講義、書類確認のポイント詳説など、実践を念頭においた内容を提供します。

カリキュラム

  • 第1回:M&A概論(M&A成長戦略からPMIまで)
  • 第2回:バリュエーション基礎
  • 第3回:ファイナンシャルデューデリジェンス基礎
  • 第4回:ビジネスデューデリジェンス基礎
  • 第5回:M&A関連文書・契約書の基礎
  • 第6回:SPAの読み方と交渉の論点

主任講師

永津 英子

主任講師

Partner

永津 英子 Eiko Nagatsu

日系企業による海外進出または海外企業の日本進出に関連する案件において、ファイナンシャルデューデリジェンス(DD)、売買契約書に関する助言、事業統合(PMI)支援業務、業務改善や子会社管理の強化に関するアドバイザリー業務等を提供している。

OPEN

CLOSE

Bコース企業価値向上のためのM&A戦略立案

M&Aはあくまでも企業の成長戦略実現のための一手段です。本コースでは、M&Aそのものが目的化することのないよう、企業の成長戦略との整合性を意識したM&A戦略の策定方法を、ケーススタディやワークショップを交え解説します。

コースの狙い

  • 企業の成長戦略におけるM&A戦略の意義の理解
  • M&A戦略策定の基本的なアプローチの習得
  • M&A戦略策定のテクニックの習得

講義の特色

第1~3回, 5回は講義を中心に行い、成長戦略およびM&A戦略策定に関する基礎知識、および近年のトレンドに関する知見を学習します。
第4, 6回は実在する企業の成長戦略をテーマにM&A戦略策定のケーススタディを行い、M&A戦略の実務を体験していただきます。

カリキュラム

  • 第1回:M&A戦略概論: 経営戦略から見たM&Aの位置づけ
  • 第2回:M&A戦略策定の手法
  • 第3回:日系企業各社のM&Aの特徴とその類型
  • 第4回:M&A戦略策定の演習①
  • 第5回:昨今のM&Aのトレンド - IoTなど先端技術やベンチャー投資などを踏まえ -
  • 第6回:M&A戦略策定の演習②

主任講師

井上 雅史

主任講師

Partner

井上 雅史 Masashi Inoue

M&A戦略、ビジネスデューデリジェンス、PMI (Post Merger Integration) 、トランスフォーメーション、海外事業成長戦略、マーケティング・顧客戦略、新製品戦略、オペレーティングモデル設計等、幅広くコンサルティング業務に従事している。

OPEN

CLOSE

Cコース正しい投資判断のための株式価値評価

M&Aでは、常に価値評価が論点となります。本コースでは、講義および実際にエクセルワークシートを用いた演習を行い、予測財務諸表作成と株式価値評価の基礎を習得していただくとともに、事例に基づき実務的な論点について解説します。

コースの狙い

  • 予測財務諸表の作成
  • 株式価値評価(DCF法/マルチプル法)、および投資判断の考え方の理解
  • 株式価値評価に関連する基本的なM&A実務論点の理解

講義の特色

第1回~4回は、講義およびエクセルを用いた演習を行い、予測財務諸表の作成や、株式価値評価、投資判断に関する基礎を身につけていただきます。第5回~6回は、実在する上場企業やM&Aの事例を取り上げ、株式価値評価や価格交渉に関連する実務的な論点について解説を行います。
※PC持参、各回2時間程度の課題があります。

カリキュラム

  • 第1回:予測財務諸表の作成①
  • 第2回:予測財務諸表の作成②
  • 第3回:株式価値評価①
  • 第4回:株式価値評価②
  • 第5回:M&A実務事例演習①
  • 第6回:M&A実務事例演習②

主任講師

吉村 隆史

主任講師

Managing Director

吉村 隆史 Takashi Yoshimura

TMT(Technology, Media & Telecommunications)/製造業のセクターを中心に、株式価値評価、財務デューデリジェンス、アドバイザリー業務を数多く提供している。専門資格予備校や企業内研修等において講師としての登壇経験多数。

OPEN

CLOSE

Dコース日本企業による海外M&A 直面する課題と解決のヒント

海外M&Aは、環境や文化などの要因により、国内M&Aと比べて成功の難度が上がります。各地域における日本企業の投資概況を踏まえつつ、海外M&Aにおいて日本企業が直面する課題にふれ、その理由を考察します。

コースの狙い

  • 日系企業による投資意欲が高い主要各国における投資概況の理解
  • 海外投資を行ううえでで押さえるべきポイントの理解(ガバナンス、デューデリジェンスで見るべきポイント、減損リスク、税務を含むストラクチャリング、等)

講義の特色

第1回は海外M&Aへの対応や留意点を概括的に解説し、第2回~4回は主要各国における概況を詳説します。第5回、第6回は海外投資の論点になることの多い減損や税務イシューについて、テクニカルになり過ぎず分かり易い表現での解説を試みます。各々のテーマに深い造詣を持つ、第一線で活躍中の実務家が講師を務めます。

カリキュラム

  • 第1回:海外M&Aのトレンドと特有論点
  • 第2回:日系企業の中国・インドに対する投資概況
  • 第3回:日系企業のSEA地域に対する投資概況
  • 第4回:日系企業の米国・欧州に対する投資概況
  • 第5回:PPA概論と減損リスク
  • 第6回:海外M&Aにおける税務上の論点

主任講師

長山 聡祐

主任講師

Partner

長山 聡祐 Sosuke Nagayama

製造業・IT・コンシューマビジネス等を含む様々な業界で、インバウンド・アウトバウンドを問わず多数のクロスボーダー案件に従事。デューデリジェンス以外にも、PMIや再生案件、IFRS導入等様々な業務に幅広く携わった経験を有する。

OPEN

CLOSE

EコースPMI実務入門 M&Aを成功させるための統合実務

PMIは、M&A実行後のシナジー創出・最大化を実現させるための統合プロセスとして非常に重要なフェーズです。統合後を念頭に置いたPMI実行計画策定の方法論と、PMI推進時の実務上のポイントについて、豊富な事例を交え解説します。

コースの狙い

  • プレクロージングを含むPMIタスクの重要性・概要の理解(M&A成功・失敗事例の討議等を通じて)
  • Day1からDay100までに実施する代表的なタスクの理解
  • PMIを成功に導くプロジェクトマネジメントおよび各種個別トピックの実務と留意事項の理解

講義の特色

第1回~4回は、講義およびパワーポイント・エクセルを用いた演習を行い、PMIタスク(プレクロージングを含む)の概要を理解します。第5~6回は、総復習として、過去のM&Aの成功例・失敗例を題材にしたPMIのケーススタディを行い、PMI実務への理解を深めます。
※講義によって課題のある回がございます。

カリキュラム

  • 第1回:PMIの重要性およびPMIタスク概要(Day1対応~Day100対応まで)
  • 第2回:Day1対応 - PMIの初動
  • 第3回:Day100対応 - PMIの本格実行
  • 第4回:PMI実務① - 成功するプロジェクトマネジメント
  • 第5回:PMI実務② - シナジーマネジメント/制度・組織設計/業務オペレーション
  • 第6回:講義のまとめ、およびPMIの実務事例演習

主任講師

内田 純

主任講師

Senior Vice President

内田 純 Jun Uchida

マニュファクチャリング・エネルギー・ヘルスケア・ テクノロジー業界を中心として戦略、マーケティング、オペレーション、経営管理、M&A・組織再編等の様々なアドバイザリー業務および投資業務の経験を有する。

OPEN

CLOSE