M&A Series

M&A SeriesM&Aシリーズ

M&A戦略立案から実行まで、企業内で活きる実務スキルを獲得

デロイト トーマツがこれまで数多くの企業のM&A戦略策定から買収完了後のPMIまで包括的支援を行うことで培った、ここにしかないナレッジを買い手企業内担当者目線で切り取って共有します。

こんな方におすすめ!
~OJTでは得られない経験と知識があります~

  • M&A未経験の新入社員
  • 経営企画、経理、法務等のM&Aに携わる部門に所属する方
  • 買収後の統合プロセスに関与する方
  • 企業内外においてM&A戦略の策定・実行に関与する方
  • M&Aの各フェーズにおける外部専門家の活用方法を学びたい方
  • 戦略実行におけるプロジェクトマネジメントの基礎知識を習得してキャリアのステップアップに備えたい方
士業・FA業務の従事者はこちら
  • 対面セミナー
  • e-ラーニング

開催日程

※現在は申込受付をしておりません。次回開催情報の公開までお待ちください。

※法人/団体向け研修サービスをご希望の方はフォームよりお問い合わせください。

会場

デロイト トーマツ グループ セミナールーム
東京都千代田区丸の内 3-3-1 新東京ビル 7F Google Map
アクセス:有楽町駅から徒歩3分/二重橋前駅から徒歩3分

受講料

※現在は申込受付をしておりません。次回開催情報の公開までお待ちください。

※法人/団体向け研修サービスをご希望の方はフォームよりお問い合わせください。

申込締切

各講座、第1回目の講義前日までお申込み可能です。
※満席になり次第、締め切りとさせていただきます。

※同業他社からのお申込みはお断りさせていただく場合があります。予めご了承ください。
※お申込みにあたりご不明な点はフォームよりお問い合わせください。

M&Aシリーズ 講座一覧

現在募集中の3講座は、ビジネスパーソンなら知っていて損はない一歩踏み込んだM&Aに関する知識を短期間で集中的に専門家から学べる設計となっています。1講座から受講可能ですが複数講座を組み合わせて受講することで、M&Aの基礎知識からプロジェクトマネジメントのノウハウ、外部アドバイザーのレポートを読み解くスキルなどを身に付けて、正しい投資判断に必要な社内業務を担う人材へのステップアップを目指すこともできます。
※開講講座の内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

入門講座M&A実務入門

自社に合った成長シナリオを作成して多額の資金投資に見合う期待効果を創出するために欠かせないタスクと、それに必要な知識や各プロセスにおけるリスクと留意点などについて、他社事例を交えながら買手企業目線でポイントを絞って解説します。

講座の狙い

  • 自社の戦略通りに買収目標を達成していく方法の概略の理解
  • M&Aプロセスの全体像を概観することによる価値評価・調査・交渉の要諦の理解
  • 全体感のあるタスクリストやスケジュール作成方法、必要なリソースや投入すべきタイミングの理解
  • 外部アドバイザー提出レポートからの必要情報の読取等に関する方法論の習得

講義の特色

M&Aの検討から目的達成までのプロセス全体を実際に講師が過去に経験した事例や数値を用いた計算例などを交えて時系列に沿って解説します。各プロセスにおいて必要な実務の概要から一歩踏み込み、代表的なイシューと対策や解決策などを短時間でインプットする内容になっています。

カリキュラム

  • 第1講義:M&Aプロセスの概要~M&A全体の流れ、重要ポイント~
  • 第2講義:プレディール~M&A戦略、ビジネスデューデリジェンス~
  • 第3講義:ディール①~財務デューデリジェンス、SPA~
  • 第4講義:ディール②~バリュエーション~
  • 第5講義:ポストディール~PMI~

主任講師

米田 博雄

主任講師

Managing Director

米田 博雄 Hiroo Yoneda

2009年に現:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。買収案件における財務デューデリジェンス・投資ストラクチャー助言・株式買収契約文言レビュー・買収価格調整支援・企業価値算定業務を多数経験する。

OPEN

CLOSE

入門講座 M&Aを成功させるためのPMI実務入門

M&A実行後の「スムーズな統合作業」と「早期のシナジー創出」のためのPMI方法論および実務上の留意点について、実例を交えて解説することでPMI実務の基礎力醸成を目指します。※一部パワーポイントを用いた実務演習を含みます。

講座の狙い

  • M&A全体におけるプレクロージングを含むPMIタスクの位置づけおよび概要の理解
  • Day1からDay100までに実施する代表的なタスクの理解
  • PMIを成功に導くプロジェクトマネジメント及びシナジーマネジメント、各種個別トピックの実務と留意事項の理解

講義の特色

講義を中心に一部パワーポイントを用いた実務演習を行い、PMIタスク(プレクロージングを含む)概要の理解を助ける内容となっています。

カリキュラム

  • 第1講義:PMIの重要性およびPMIタスク概要
         (Day1対応~Day100対応まで)
  • 第2講義:PMI実務① PMO、成功するプロジェクトマネジメント
  • 第3講義:PMI実務② シナジーマネジメント/制度・組織設計/
          業務オペレーション/事例

主任講師

茜ヶ久保 友人

主任講師

Managing Director

茜ヶ久保 友人 Tomohito Akanegakubo

米系コンサルティングファームを経てデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーに入社。化学・石油業界を中心に、全社戦略・事業戦略、コーポレート機能改革、コスト削減、IT戦略策定などから、M&A局面での事業計画策定支援、ビジネスオペレーション・ITデューデリジェンス、PMIなど幅広い領域のアドバイザリー業務に従事する。

OPEN

CLOSE

専門講座 株式価値評価とM&Aの投資判断

講義および実際にエクセルワークシートを用いた演習を行い予測財務諸表の作成や株式価値評価・投資判断の基礎を習得を目指すと共に、実際の事例に基づく実務的な論点について解説します。

講座の狙い

  • 予測財務諸表の作成に必要な知識の習得
  • 株式価値評価(DCF法/マルチプル法)および投資判断の考え方の理解
  • 株式価値評価に関連する基本的なM&A実務論点の理解

講義の特色

各日の前半は、講義および実際にエクセルを用いた演習を行い、予測財務諸表作成の作成や株式価値評価、投資判断に関する基礎を身につけていただきます。後半については、M&Aの投資判断の考え方や株式価値評価や価格交渉に関連する実務的な論点について事例を交えて解説を行います。
※各日、PCをご持参いただきます。
※各日、持ち帰り用の課題(想定所要時間:2時間)があります。

カリキュラム

  • 第1講義:予測財務諸表の作成と株式価値評価①
  • 第2講義:M&Aの投資判断①(含む事例紹介)
  • 第3講義:予測財務諸表の作成と株式価値評価②
  • 第4講義:M&Aの投資判断②(含む事例紹介)
  • 第5講義:予測財務諸表の作成と株式価値評価③
  • 第6講義:M&Aの投資判断③(含む事例紹介)

主任講師

吉村 隆史

主任講師

Managing Director

吉村 隆史 Takashi Yoshimura

TMT(Technology, Media & Telecommunications)/製造業のセクターを中心に、株式価値評価、財務デューデリジェンス、アドバイザリー業務を数多く提供している。専門資格予備校や企業内研修等において講師としての登壇経験多数。

OPEN

CLOSE

デロイト トーマツ アカデミー M&Aシリーズ_e-ラーニングについて

デロイト トーマツ アカデミー M&Aシリーズではこれまで、買い手企業としてM&Aに関わるビジネスパーソンが知っておくべき基礎知識から、外部アドバイザーを有効活用しM&Aを成功に導く一歩踏み込んだ専門知識を、対面セミナーという形で提供し受講者の方々から高い評価を得てきました。こちらで紹介するe-ラーニングは、それらの実績ある内容をベースにポイントとなる部分を絞り込み、全国のより多くのビジネスパーソンが、場所・時間に関係なく何度でも繰り返し学べる講座です。
講師は全てデロイト トーマツの最前線で業務にあたる 第一級のプロフェッショナルが務め。専門性と経験に裏打ちされた講義内容になっています。

新入社員や異動者でも安心してスタート出来るよう、「M&Aとは?なぜ必要なのか」の理解から「何のために何をするのか、最低限押さえておくべき基本知識」の理解、「実践での活用方法」へとステップアップする講座を選択できるラインナップをご用意します。社内研修やキャリアアップの為の自習に是非お役立てください。

e-ラーニングの特色

  • 場所を選ばず全国どこからでも受講できる
  • 時間を選ばずいつでも受講することができる
  • 視聴期間中は何度でも繰り返し学習できる
  • 対面セミナー受講者の復習用としても活用できる

e-ラーニング_M&Aシリーズ 講座一覧

現在、M&A入門およびM&A実務入門の6 講座、合計7つのe-ラーニング講座が受講可能となっています。
「M&Aとは?なぜ必要なのか」の理解から「ビジネスパーソンとして必要最低限押さえたいM&A実務の基礎知識」の習得、「成功に導くために実務者が留意すべき各プロセスのポイント」 「実践での活用方法」の理解、へとステップアップして学べる設計となっています。
各講座の詳細は、下記の各講座案内をご参照下さい。

入門講座M&A入門

M&Aには、戦略策定からPMIまで多くのステージがあります。M&A戦略の可能性やメリット、実務上の各ステージの位置づけ、主要論点を買い手企業目線でポイントを絞って解説します。ビジネスパーソンとして必要最低限の知識を得たい方、これからM&Aに関与する方が、M&Aの全体像を把握することに適した講座となっています。

講座の狙い

  • 日本企業によるM&Aの件数、その推移を知る
  • M&Aを実施する企業の意図、目的を理解する
  • M&A全体の流れ・各プロセスの必要性を理解する
  • 各プロセスにおける主要論点を理解する

カリキュラム

  • M&Aとは

    ・M&A戦略を取り入れるメリット

    ・M&Aプロセス概要

    ・M&Aに必要なデューデリジェンス

  • プレディール

    ・M&A戦略立案の目的と主要論点

  • ディール

    ・M&Aプロセスにおける財務デューデリジェンスの位置づけと概要

    ・バリュエーションの位置づけと概要

    ・ビジネスデューデリジェンスの目的と主要論点

    ・株式譲渡のプロセス概要 必要書類のポイント (1) 意向表明書・基本合意書

    ・株式譲渡のプロセス概要 必要書類のポイント(2) 株式譲渡契約書(SPA)

  • ポストディール

    ・PMIの目的と主要論点

視聴料

8,800円(税込)

視聴時間

合計 約106分

視聴期間

お申込みより12ヵ月
※クレジット払いは決済後すぐに、請求書払いは着金確認後に視聴開始となります。

主任講師

米田 博雄

主任講師

Managing Director

米田 博雄 Hiroo Yoneda

2009年に現:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。買収案件における財務デューデリジェンス・投資ストラクチャー助言・株式買収契約文言レビュー・買収価格調整支援・企業価値算定業務を多数経験する。

OPEN

CLOSE

入門講座M&A実務入門

自社に合った成長シナリオを作成し、多額の資金投資に見合う期待効果を創出するために欠かせないプロセスの中から6つのタスクを取り上げ、その実務的概要、M&Aを成功に導く為の留意点、代表的なイシューと対策などを短時間でインプットする内容になっています。M&Aに関与し始めたばかりの方がM&A実務の基礎を把握する、あるいは、現場で学びながらM&Aに関与してきた方が知識を整理することに適したコースとなっています。

各講義名/担当講師

1.プレディール~全体プロセス、戦略立案~
/河村 弘毅シニアヴァイスプレジデント・大重 隆ヴァイス
  プレジデント

2.ディール①~ビジネスデューデリジェンス~
/大重 隆ヴァイスプレジデント

3.ディール②~ファイナンシャルデューデリジェンス~
/辻川 裕介シニアヴァイスプレジデント

4.ディール③~バリュエーション~
/川原 潤シニアヴァイスプレジデント

5.ディール④~M&A関連文書・契約書の基礎~
/高橋 昌広シニアヴァイスプレジデント

6.ポストディール~統合~
/大重 隆ヴァイスプレジデント

各講義の主要テーマ

1.プレディール~全体プロセス、戦略立案~
・M&A全体を通した実務の流れと必要なリソース
・M&A戦略立案の全体の流れ
・M&A戦略立案のアプローチ
・戦略オプションの抽出
・候補企業の選定

2.ディール①~ビジネスデューデリジェンス~
・スコープおよび要点
・外部および内部環境の分析
・事業計画分析とPMI論点の抽出

3.ディール②~財務デューデリジェンス~
・目的、スコープ およびプロセス概要
・要点・分析内容

4.ディール③~バリュエーション~
・M&Aプロセスにおけるバリュエーションの位置づけおよび
  その手法
・マーケットアプローチ(類似会社比較法)の概要
・インカムアプローチ(DCF法)の概要

5.ディール④~M&A関連文書・契約書の基礎~
・SPAのポイント1「前提条件」と「誓約事項」
・SPAのポイント2「表明保証」と「補償」

6.ポストディール~統合~
・PMIの全体の流れ
・PMIのアプローチ
・Day1対応
・Day100対応
・シナジーモニタリング

視聴料

各講座:各4,400円(税込)

6講座セット:19,800円(税込)

※4,400円x6講座=26,400円の25%引き

視聴時間

各講座:約30~40分

6講座セット:約220分

視聴期間

お申込みより12ヵ月
※クレジット払いは決済後すぐに、請求書払いは着金確認後に視聴開始となります。

担当講師

担当講師

河村 弘毅

Managing Director

河村 弘毅 Koki Kawamura

大重 隆

Vice President

大重 隆 Takashi Oshige

辻川 裕介

Senior Vice President

辻川 裕介 Yusuke Tsujikawa

川原 潤

Vice President

川原 潤 Jun Kawahara

高橋 昌広

Senior Vice President

高橋 昌広 Masahiro Takahashi

 

OPEN

CLOSE

専門講座株式価値評価とM&Aの投資判断

M&Aの投資判断において株式価値算定や各種リスクシナリオ評価を行うためには、PL予測だけでなく、BS/CF予測が必要になります。本講座では、M&Aプロセスにおける株式価値評価の役割および評価手法を解説するとともに、3表(PL/BS/CF)予測財務諸表の基本的な作成手順および株式価値評価手順の説明とエクセルによる計算演習や設例を通じて、M&Aの投資判断における実務的な留意事項について学んでいただきます。 ※財務3表(PL/BS/CF)の基本的な理解を前提とした内容になっています。

講座の狙い

  • 予測財務諸表の作成に必要な知識の習得
  • 株式価値評価(DCF法/マルチプル法)および投資判断の考え方の理解
  • 株式価値評価に関連する基本的なM&A実務論点の理解

カリキュラム

  • 【前半】予測財務諸表の作成と株式価値評価

    ・3表予測財務諸表の作成手順

    ・WC/NDとBS予測、株式価値評価

  • ・エンタープライズCFとエクイティCF

    ・割引率の計算

    ・現在価値計算

    ・マルチプルによる株式価値評価

  • 【後半】M&Aの投資判断

    ・投資指標の基本的な整理

      Ⅰ. 投資指標の整理軸

      Ⅱ. 資本ベース/事業ベースの整理

      Ⅲ. キャピタル/インカムゲインの整理

      Ⅳ. 時価ベース/簿価ベースの整理

    ・投資指標のその他実務論点

    ・ND/WCと価格調整

    ・クロスボーダーM&Aにおける割引率

    ・カーブアウト取引とValuation

    ・実務トピック

視聴料

52,800円(税込)

視聴時間

合計 約305分

視聴期間

お申込みより12ヵ月
※クレジット払いは決済後すぐに、請求書払いは着金確認後に視聴開始となります。

主任講師

吉村 隆史

主任講師

Managing Director

吉村 隆史 Takashi Yoshimura

TMT(Technology, Media & Telecommunications)/製造業のセクターを中心に、株式価値評価、財務デューデリジェンス、アドバイザリー業務を数多く提供している。専門資格予備校や企業内研修等において講師としての登壇経験多数。

OPEN

CLOSE

専門講座M&Aを成功させるための統合実務

PMI(Post Merger Integration)はM&A実行後のシナジー創出・最大化を実現させるための統合プロセスとしてに非常に重要なフェーズです。PMIを推進する実務者の方、マネージメントをされる方に、実行計画策定の方法論と実務上のポイントについて、事例を交えて解説します。※会計、人事、ITの分科会についての講義は、それぞれ単独で購入することも可能です。

各講義名/担当講師

1. PMIの重要性およびタスク概要
/茜ヶ久保 友人 マネージングディレクター

2. Day1対応-PMIの初動
/吉田 航 シニアヴァイスプレジデント

3. 統合実務分科会①会計
/田中 義泰 シニアヴァイスプレジデント

4. 統合実務分科会②人事
/吉田 英雄 マネージングディレクター

5. 統合実務分科会③IT
/古賀 敬浩 シニアヴァイスプレジデント

各講義の主要テーマ

1. PMIの重要性およびタスク概要
・PMIがなぜ重要か?
・日本企業がM&Aによって企業価値を下げた例
・M&Aプロセスの全体像とPMIの位置づけ
・PMIのタスク概要
・候補企業の選定

2.Day1対応-PMIの初動
・Pre-PMIとは
・Day1対応の典型的な論点①PMIの体制構築
・Day1対応の典型的な論点②統合方針の策定
・Day1対応の典型的な論点③ガバナンスの設計
・Day1対応の典型的な論点④経理財務領域対応
・Day1対応の典型的な論点⑤ITシステム対応
・Day1対応の典型的な論点⑥リテンション設計

3.統合実務分科会①会計
・経理・財務PMIタスクの考え方
・経理・財務PMIの主要タスクと検討アプローチ
・個別論点-連結決算対応-業績管理/原価管理

4.統合実務分科会②人事
・当講義の目的とポイント
・人事領域における統合実務
・リテンションプラン策定
・海外各国における個別の留意点

5.統合実務分科会③IT
・IT領域におけるPMIの考え方
・デューデリジェンスにおける論点
・Pre-PMIの重要性および対応事項
・PMIの主要論点と作業例

視聴料

分科会各講座(① 会計/②人事/③IT):各4,400円(税込)

5講座セット:19,800円(税込)

視聴時間

各講座:約20~90分

5講座セット:約173分

視聴期間

お申込みより12ヵ月
※クレジット払いは決済後すぐに、請求書払いは着金確認後に視聴開始となります。

担当講師

担当講師

茜ヶ久保 友人

Managing Director

茜ヶ久保 友人 Tomohito Akanegakubo

吉田 航

Senior Vice President

吉田 航 Ko Yoshida

田中 義泰

Senior Vice President

田中 義泰 Yoshiyasu Tanaka

吉田 英雄

Managing Director

吉田 英雄 Hideo Yoshida

古賀 敬浩

Senior Vice President

古賀 敬浩 Takahiro Koga

 

OPEN

CLOSE